STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

入門講座(3)/切取り・範囲指定・文字修飾

time 2014/04/23

入門講座(3)/切取り・範囲指定・文字修飾
※ エクセル2013で説明しています。

sponsored link

エクセル入門(3)で学ぶこと

このレッスンでは、名簿の項目を作成します。
こんな感じの項目を作ります。

エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像01

そのために、以下のエクセルの使い方を学びます。

  • 切取りと貼り付け
  • 範囲指定の仕方
  • 文字の装飾(太字と中央ぞろえ)

切取りと貼り付け

番号の横に「性別」と入力してください。
これを切り取って、C1セルに貼り付ける練習をします。

excel_beginner03_02

  1. B1セルを選択する。

    エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像03

  2. リボンの〔切り取り〕ボタンをクリックする。

    エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像04

  3. B1セルのグリーンの枠が点線になって、クルクル回ります。貼り付けができる状態です。C1セルを選択します。

    エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像05

  4. 〔貼り付け〕ボタンをクリックする。

    エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像06

  5. B1セルの「性別」が切り取られて、C1セルに貼り付きました!

    エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像07

残りの項目を入力し、番号、名前、性別、誕生日、出身地、電話番号と
項目が並ぶようにしてください。
こんな感じになります。

エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像08

範囲の指定

項目の入力が終わり、見栄えよく装飾したいところですが、
その前に範囲指定について学びます。

範囲指定の方法を知ると、セル1個ごとでなく、
セルをまとめて編集や操作することができます。

任意の範囲を指定する

A1セルからC7セルまでを範囲指定する例で説明します。

  1. A1セルを選択
  2. マウスの左ボタンを押す
  3. 押したまま、マウスポインタをC7セルまで移動

    エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像09

  4. マウスの左ボタンを離すと希望の範囲が指定できます

行を範囲指定する

1行目を範囲指定する場合、
行番号の1の部分をマウスポインタでクリックします。
この時マウスポインタは赤丸で囲ったようになっています。

エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像10

列を指定する

A列を範囲指定する場合、列番号のAの部分をマウスポインタでクリックします。
この時マウスポインタは赤丸で囲ったようになっています。

エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像11

行のデータ入力領域の右端まで範囲指定する

A1セルからF1セルまでを一気に範囲指定するときは、
A1セルを選択して、CTRL + SHIFT +  キーを押します。

エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像12

列のデータ入力領域の一番下まで範囲指定する

A1セルからA41セルまでを一気に範囲指定するときは、
A1セルを選択して、CTRL + SHIFT +  キーを押します。

エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像13

シート全体を範囲指定する

ワークシートの左上にある〔全セル選択〕ボタンを押します

エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像14

文字の装飾

太字

項目を太字にします。

  1. 項目の「番号」から「電話番号」まで指定します。

    エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像15

  2. リボンの〔太字〕ボタンをクリックします

    エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像16

  3. 文字が太字に変わります。

    エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像17

中央揃え

  1. 項目の「番号」から「電話番号」まで指定します。

    エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像17

  2. リボンの〔中央揃え〕ボタンをクリックします。

    エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像18

  3. 中央揃えになりました!

    エクセル入門/名簿を作ってみよう(3)/画像19

以上で項目まで完成です!

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!