STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

画面表示の拡大と縮小

time 2014/06/10

画面表示の拡大と縮小
※ エクセル2013で説明しています。

デフォルトでは、エクセルはズームが100%表示されています。
しかし、作成している表や図によっては、画面表示を大きくしたかったり、
小さくしたかったりすることがありますよね。
その方法のご紹介です。

sponsored link

画面表示を数値で拡大・縮小する

下の表を2倍(200%)に拡大してみましょう。
画面の拡大・縮小に使用する一覧表

1.リボンの〔表示〕タグの〔ズーム〕ボタンをクリックします。
リボンの〔表示〕タグの〔ズーム〕ボタン

2.200%を選択して、〔OK〕ボタンをクリックします。
200%を選択する

3.画面が200%表示になりました。
200%表示になった一覧表

補 足
希望するズームの数値がないときは、
〔指定〕に数値を入力します。
ズーム値を入力する場所
補 足
リボンの〔表示〕タグの〔100%〕ボタンをクリックすると、
画面表示が100%になります。
100%表示するボタン

選択範囲に合わせて拡大・縮小する

「何パーセントに縮小すればいいか分からないけれど、
一覧表の全体像が見えるようにしたい」という時があると思います。
そんな時は、〔選択範囲に合わせて拡大・縮小〕ボタンを使ってください。

1.CTRL+Aキーで一覧表すべてを範囲指定します。
範囲指定した一覧表

2.〔選択範囲に合わせて拡大・縮小〕ボタンをクリックします。
〔選択範囲に合わせて拡大・縮小〕ボタン

3.画面が縮小されて、一覧表の全体が見えるようになりました。
縮小表示された一覧表

補 足
特に指定せずに〔選択範囲に合わせて拡大/縮小〕ボタンをクリックすると、
セルにあわせて拡大表示されます。
セル範囲にあわせて拡大された一覧表

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!