STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

ワークブックのバックアップファイルをつくるには

time 2014/09/23

ワークブックのバックアップファイルをつくるには
※ エクセル2013で説明しています。

ファイルの整理をしていたら操作を間違えて「あっ、削除しちゃった・・・」という経験はないでしょうか。私はしょっちゅうです・・・(;´・ω・)。調子に乗って削除していると、ついやってしまうんですよね。

ゴミ箱に入ればいいけれど、そうでない場合は真っ青です。でも、バックアップがあれば慌てることはありません。いざというときのために、バックアップを取っておくのは大事ですね。

エクセルには保存時にバックアップファイルを作ってくれる機能があります。いちいちファイルをコピーしたり、2回保存する手間なくバックアップファイルを作れるので、便利ですよ。

では、その手順を説明します。

1.バックアップをつくりたいワークブックの〔ファイル〕タグ ⇒ 〔名前をつけて保存〕 ⇒ 〔コンピューター〕 ⇒ 〔参照〕 をクリックします。
バックステージビューの〔参照〕ボタン

2.〔名前を付けて保存〕ダイアログボックスの〔ツール〕ボタンの▼から、〔全般オプション〕を選択します。
〔名前を付けて保存〕ダイアログボックスの〔ツール〕ボタン

3.〔バックアップをつくる〕にチェックをいれて、〔OK〕ボタンをクリックします。
〔バックアップをつくる〕にチェックを入れる

4.〔保存〕ボタンをクリックします。
〔保存〕ボタン

5.バックアップができました!
バックアップのファイル作成完了

要は、保存するときに〔バックアップをつくる〕にチェックを入れるだけです!
これさえ覚えておけば大丈夫です。

お役に立ちましたか?ご活用ください♪

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!