STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

エクセルで千円単位の数値を表示するには

time 2014/09/12

エクセルで千円単位の数値を表示するには
※ エクセル2013で説明しています。

桁数が多くなると、千円単位や百万円単位で数値を表示することがよくありますね。だからといって、1,000や1,000,000で割り算する数式を入力するのは大変です。表示形式のユーザー定義を使えば、簡単に千円単位での表示が可能ですよ!

表示形式のユーザー定義を使うには、リボンの〔ホーム〕タグにある〔表示形式〕ボタンをクリックしてください。
excel-thousand01

〔セルの書式設定〕ダイアログボックスが開くので、〔表示〕タグにある〔分類〕から〔ユーザー定義〕をクリックし、さらに「#,##0」を選びます。
excel-thousand02

では「#,##0」を使って、千単位と百万単位の表示形式を作りましょう。

  • 千単位:「#,##0」を「#,##0,」に変更する
  • 百万単位:「#,##0」を「#,##0,,」に変更する

これだけです!単に末尾に,(カンマ)を加えただけです。
千単位なら1個、百万単位なら2個です。簡単ですね。
この表示形式を適用するだけで、下の表のようにサクッと単位変更が可能です。
「千単位」の列を見ると1,000が1と、
「百万単位」の列を見ると1,000,000が1と表示されているのをご確認ください。
excel-thousand03

さてこれでもいいのですが、中には不十分と思う人がいるかもしれません。
なぜならば、千または百万に満たない数値の場合、ゼロ表示だからです。
excel-thousand04

千または百万単位に満たない数値を小数で表示するには、以下のように設定します。

  • 千単位:「#,##0,」を「[<1000]#,##0.###,;[>=1000]#,##0,」に変更する
  • 百万単位:「#,##0」を「[<1000000]#,##0.######,,;[>=1000000]#,##0,,」に変更する

ちょっと複雑になりました。
複雑になった理由は、千または百万未満か否かで表示形式を分けているからです。
分岐させずに「#,##0.###,」または「#,##0.######,,」だけで表示形式を設定すると、整数に小数点がついた表示になってしまいます。
excel-thousand05

設定した表示形式の説明ですが、まず[<1000](千未満)と[>=1000](千以上)で条件分岐しています。両者の間には;(セミコロン)を入れてください。
excel-thousand06

[>=1000](千以上)の書式設定は上記で説明済みです。
excel-thousand07

[<1000](千未満)の場合は小数で表示するので、
まず0と,(カンマ)の間に小数点を表す「.(ドット)」を加えます。

次に表示したい桁数の数だけ#(シャープ)を加えます。
たとえば千未満の場合、最小の数値となる1が0.001になるので、
小数点以下の桁数が3桁です。したがって#が3個になります。
同じように考えて、百万未満だと#が6個になります。
excel-thousand08

これで完成です。
excel-thousand09

まとめです。

  • 千単位で表示するには、表示形式のユーザー書式で「#,##0,」と設定します。百万単位なら「#,##0,,」です。
  • 千単位に満たない数値を小数で表示するには、「[<1000]#,##0.###,;[>=1000]#,##0,」と設定する。百万に満たない数値の場合は、「[<1000000]#,##0.######,,;[>=1000000]#,##0,,」です。

お役に立ちましたか?ご活用ください♪

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!