STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

数式を作成、修正、コピーする

time 2014/06/23

数式を作成、修正、コピーする
※ エクセル2013で説明しています。

表計算ソフトのエクセルを使いこなすならば、数式は必須です。
ここでは、数式の入力、修正、コピーのしかたについてご紹介します。

sponsored link

数式で使用する算術演算子

エクセルで使える算術演算子は以下の6つです。
足し算と引き算以外は、通常の記号と異なる点に注意してください。

足し算 +(正符号) 
引き算 -(負符号)
掛け算 *(アスタリスク)
割り算 /(スラッシュ)
べき乗 ^(キャレット)
パーセント %(パーセント)

簡単な数式を作成する

エクセルは数式を入力するとき、「=(イコール)」から入力します。
=(イコール)から始まるデータが数式と認識されるためです。
それ以外はテキストや数字の入力とほとんど同じです。
数式「1+1」を入力してみましょう。

1.数式を入力するセルを選択します。
セルの選択

2.F2キーを押してセルを入力できる状態にし、「=1+1」と入力します。
セルに数式を入力

3.ENTERキーを押すと、「1+1」の計算結果がセルに表示されます。
セルに数式を反映

補 足
足し算以外の算術演算子の使用例です。

  使用例  意味
引き算 =5-2 5-2
掛け算 =5*2 5×2
割り算 =5/2 5÷2
パーセント =50% 0.5÷100
べき乗 =5^2 52

セルのデータを使って数式を作成する

下の画像の各クラスの男子生徒と女子生徒の合計人数を
合計に入力してみます。
生徒の人数表

1.数式を入力するセルを選択します。
セルの選択

2.F2キーを押してセルを編集できる状態にし、「=(イコール)」を入力します。
セルに=を入力

3.男子生徒の人数が入力されているセルをクリックします。セル番地が入力されます。
男子生徒のセル番地の入力

4.キーボードで「+」を入力します。
+の入力

5.女子生徒の人数が入力されているセルをクリックします。セル番地が入力されます。
女子生徒のセル番地の入力

6.ENTERキーを押します。
数式が確定し、セルに計算結果が表示されます。
数式バーには計算式が表示されます。
数式の確定

数式を修正する

入力済みの数式を修正するには、2つの方法があります。
ひとつは数値やセル番地を直接修正する方法で、
もう一つはセルをドラッグする方法です。

下の画像でE3セルに「=C5+D7」が入力されているので、
「=C3+D3」に修正してみましょう。
セルの数式を修正する表

1.E3セルを選択します。
セルの選択

2.数式バーをクリックして、「C5」を削除し「C3」に書き換えます。
C3にセル番地の修正

3.D7セルにマウスポインタを近づけ、D7セルの外枠をドラッグしてD4セルに移動します。
D4にセル番地の修正

4.ENTERキーを押します。
数式が修正されました。
数式の修正完了

数式をコピーする

文字列同様に数式もコピーすることができます。
数式のコピーは同じような式を何度も入力する手間を省いてくれます。

下の画像のE3セルに入力した数式を、
残りの合計セルにコピーしてみましょう。
数式をコピーする表

1.E3セルを選択します。
セルの選択

2.セルの右下角(フィルハンドル)にマウスポインタを近づけます。
マウスポインタの形が黒十字に変わったら、ストップします。
マウスポインタをフィルハンドルに近づける

3.クリックし、コピーする方向にドラッグします。
ドラッグしてコピーする

4.ドラッグをやめると、数式がコピーされます。
数式のコピー完了

補 足
フィルハンドルにマウスポインタを近づけ、
マウスポインタの形が黒十字になったところで
ダブルクリックすると
列の下方向にコピーができます。
フィルハンドルをダブルクリックしてコピー
コピーされる範囲は、隣接するセルが入力済のところまでです。
ダブルクリックコピーがされた様子

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!