STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

異なるワークシート、ワークブックのセルを参照する数式

time 2014/06/24

異なるワークシート、ワークブックのセルを参照する数式
※ エクセル2013で説明しています。

セルのデータを参照する数式を作成するとき、
数式が参照するセルは同ワークシート内だけなく、
異なるワークシート、異なるワークブックのセルも参照することができます。

sponsored link

異なるワークシートのセルを参照する

1.数式を入力するセルを選択し、「=B3/」を入力します。
セルを選択し、数式を途中まで入力する

2.シート見出し〔前年〕をクリックし、B3セルをクリックします。
数式バーに「前年!B3」が入力されます。
異なるワークシートの参照セルを選択する

3.ENTERキーを押します。計算式が確定します。
計算式の確定

5.作成した数式をコピーすることもできます。
数式のコピー

6.コピペした数式を見るとワークシート名は同じですが、
相対参照のセルは変更しています。
コピーした結果

補 足
数式に入力された「前年!B3」は、
「見出し名が"前年"というワークシートのB3セル」という意味です。
参照するワークシートの見出し名が「前年!」で
表示されることを覚えてください。

異なるワークブックのセルを参照する

1.参照先と参照元の両方のワークブックを開いておきます。
2つのワークブックを開いた状態

2.数式を入力するセルを選択します。
セルの選択

3.「=」を入力します。
=の入力

4.異なるワークブックの参照したいセルをクリックします。
異なるワークブックの参照セルをクリック

5.ENTERキーを押します。数式が確定しました。
数式の確定

6.異なるワークブックのセルを参照する場合、
初期設定は絶対参照です。
絶対参照になっているセル番地

7.相対参照にしたい場合は、数式の絶対参照のセルを選択します。
絶対参照のセル番地を選択

8.F4キーを3回押します。相対参照に変更します。
絶対参照のセル番地が相対参照に変更

9.ENTERキーを押すと、数式が確定します。
数式の確定

10.相対参照になったので、数式をコピーすると
正しいデータが反映されます。
相対参照に変更したセルをコピーした結果

補 足
数式に挿入された「[東京.xlsx]平均気温!B2」
「"東京.xlsx"という名前のワークブックの、"平均気温"という名前のワークシートのB2セル」という意味です。
ワークブック名が[]で囲まれて表示される点を覚えてください。
ちなみに、「.xlsx」はエクセルのワークブックを表す拡張子です。

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!