STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

100個以上の数値を一発で四捨五入する方法

time 2014/07/16

100個以上の数値を一発で四捨五入する方法
※ エクセル2013で説明しています。

データ加工のとき、元データの数値の小数点以下が長くて
丸めたいと思ったことはないでしょうか。
ちょうどこんな感じの数値です。
excel-round45-many01.png

数十個であれば、ROUND関数でちゃちゃっと修正できますが、
100個以上あると、完全にお手上げですよね。
excel-round45-many02.png

でも、一発で四捨五入できる方法があります。
これから説明しますね。配列を使います。

1.四捨五入用のシートを用意します。
excel-round45-many03.png

2.四捨五入用のシートのA1セルにROUND関数を入力します。
式は「=ROUND(Sheet1!A1:G20,2)」です。
四捨五入をする数値が入力されているセルを範囲指定しています。
excel-round45-many04.png

3.四捨五入用のシートのA1セルを選択し、
A1セルからG20セルまでを範囲指定します。
ROUND関数で指定した範囲と同じ範囲になります。
なお、名前ボックスに「A1:G20」と入力すれば一発で範囲指定できます。
excel-round45-many05.png

4.F2キーを押すと、カーソルがA1セル内に移動します。
excel-round45-many06.png

5.次にCTRL+SHIFT+ENTERキーを押します。
A1セルのROUND関数が配列数式に変わり、
指定した範囲にROUND関数の結果が反映されます。
式は「{=ROUND(Sheet1!A1:G20,2)}」になります。
excel-round45-many07.png

6.後は値貼り付けをして、配列数式を取り除いてください。
数値だけになり、自由に使えるようになります。
excel-round45-many08.png

お役に立ちましたか?
上記の手順をマクロ登録すれば、もっと簡単になりますよ。
ご活用ください♪

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!