STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

ピボットテーブルで前月比、累計、目標達成率を表示するには

time 2014/11/29

ピボットテーブルで前月比、累計、目標達成率を表示するには
※ エクセル2013で説明しています。

一般的に売上表には売上金額の合計の他に、
前月比、累計、目標達成率を表示することが多いと思います。

ピボットテーブルでも、それら項目を表示することが可能です。
それでは、まず下のピボットテーブルを使って前月比と累計額を表示してみます。
excel-pivot-originalsum-01

sponsored link

前月比の表示

1.〔フィールドリスト〕で〔値〕エリアに〔金額〕フィールドをドラッグします。
excel-pivot-originalsum-02

2.〔合計/金額2〕というフィールドをクリックし、〔値フィールドの設定〕を選択します。
excel-pivot-originalsum-03

3.〔値フィールドの設定〕ダイアログボックスが開きます。
〔名前の指定〕を「前月比」に修正し、〔計算の種類〕のタブをクリックします。
〔計算の種類〕を「基準値に対する比率」にし、
〔基準フィールド〕を「日付」、〔基準アイテム〕を「(前の値)」にし、
〔OK〕ボタンをクリックします。
excel-pivot-originalsum-04

4.前月比が表示されました。
excel-pivot-originalsum-05

累計の表示

「累計の表示」は、「前月比の表示」の2.まで手順が同じです。
それ以降を説明します。

1.〔名前の指定〕を「累計額」に修正し、〔計算の種類〕のタブをクリックします。
〔計算の種類〕を「累計」にし、
〔基準フィールド〕を「日付」にして、〔OK〕ボタンをクリックします。
excel-pivot-originalsum-06

2.累計が表示されました。
excel-pivot-originalsum-07

目標達成率の表示

今度は下のピボットテーブルに目標達成率を表示したいと思います。
excel-pivot-originalsum-08

1.ピボットテーブルの任意のセルを選択し、
リボンの〔ピボットテーブル ツール〕の〔分析〕タブにある、
〔フィールド/アイテム/セット〕ボタンの〔集計〕フィールドを選択します。
excel-pivot-originalsum-09

2.〔数式〕に「=個数/目標数」を入力して、〔OK〕ボタンをクリックします。
〔数式〕にフィールド名を挿入するときは、〔フィールドの挿入〕ボタンを使うと簡単です。
excel-pivot-originalsum-10

3.ピボットテーブルに〔合計/フィールド1〕が表示されます。
excel-pivot-originalsum-11

4.項目名を「目標達成率」に、表示形式をパーセントに修正して完成です。
excel-pivot-originalsum-12

ピボットテーブルの集計は、工夫次第でいろいろなことができます。
特に、〔フィールド/アイテム/セット〕ボタンで集計方法を
作成する方法は応用範囲が広いです。
ぜひ試してみてください♪

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!