STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

ピボットテーブルを更新しても表示形式やレイアウトを保持するには

time 2015/01/26

ピボットテーブルを更新しても表示形式やレイアウトを保持するには
※ エクセル2013で説明しています。

ピボットテーブルをデフォルトで使うことはまれで、
ほとんどの人が書式とレイアウトを変更していると思います。

そして、おおくの人が経験していると思うのですが、
変更後にピボットテーブルを更新したら、
書式やレイアウトが元に戻ってしまったことってありませんか?
excel-pivot-nochange-01

私は何回もあります。。。
でも元に戻らない時もあり、どうなっているんだろう?と思って
エクセルを色々といじりました。
そこで、元に戻らない方法をご紹介したいと思います。

sponsored link

レイアウトを保持するには

レイアウトをデフォルトから変更したのに、
更新したら元にもどってしまった場合には、
リボンのピボットテーブルツールの〔分析〕タグにある
〔オプション〕ボタンをクリックします。
excel-pivot-nochange-02

〔ピボットテーブル オプション〕ダイアログボックスが開くので、
〔レイアウトと書式〕タグにある、
〔更新時にセル書式を保持する〕のチェックの有無を確認してください。
入っていなければ、チェックをいれて〔OK〕ボタンをクリックします。
excel-pivot-nochange-03

これで更新してもレイアウトが元に戻ることが防げます。

表示形式を保持するには

これは本当によくあるパターンです。
数値に3桁ごとのカンマがないので表示形式を変更したら、
更新後に元に戻ってしまう、というパターンです。

この場合もまずチェックすべきところは、
さきほどの〔更新時にセル書式を保持する〕です。
ここにチェックが入っていれば、
更新しても表示形式が保たれます。

しかし、実はここにチェックが入ってなくても、
表示形式が元に戻らない設定箇所があります。

リボンのピボットテーブルツールの〔分析〕タグにある
〔フィールド設定〕ボタンをクリックしてください。
excel-pivot-nochange-04

〔値フィールドの設定〕ダイアログボックスが開くので、
〔集計方法〕タグにある、〔表示形式〕ボタンをクリックします。
excel-pivot-nochange-05

〔セルの書式設定〕ダイアログボックスが開きます。
ここで桁区切りの設定をして〔OK〕ボタンをクリックします。
excel-pivot-nochange-06

〔値フィールドの設定〕ダイアログボックスに戻るので、
〔OK〕ボタンをクリックします。
excel-pivot-nochange-07

これで桁区切りの設定ができました。
この方法で設定すると、
たとえ〔更新時にセル書式を保持する〕にチェックがなくとも、
更新されても表示形式が保持されたままです。
excel-pivot-nochange-08

リボンの〔ホーム〕タグから
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスを開いて設定したり、
〔桁区切りスタイル〕ボタンで設定すると、
〔更新時にセル書式を保持する〕にチェックがない場合、更新すると表示形式が元に戻ります。
ピボットテーブルでは使わないほうが無難です。
excel-pivot-nochange-09

ピボットテーブルに関しては、
リボンのピボットテーブルツール以外から設定できたとしても、
ピボットテーブルツールを優先して使うといいですよ。
excel-pivot-nochange-10

お役に立ちましたか?ご活用ください♪

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!