STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

ピボットテーブルを年度別にグループ化

time 2014/12/01

ピボットテーブルを年度別にグループ化
※ エクセル2013で説明しています。

ピボットテーブルには、
自動で月、四半期、年をグループ化する機能があります。

しかしながら、年度別に自動でグループ化する機能がないんですよね・・・。
そのために、ひと手間が必要になります。

いくつか方法があると思いますが、
個人的にはピボットテーブルの元データに「年度」の項目を追加する方法が、
一番簡単で間違いの少ない方法だと思います。

では、やってみましょう!

1.元データに年度用の列を挿入してください。
excel-pivot-nendo-01

2.セルに「=IF(MONTH(日付のセル番地)>3,
YEAR(日付のセル番地),YEAR(日付のセル番地)-1)
」という式を入力します。
下のC2セルの場合、「=IF(MONTH(B2)>3,YEAR(B2),YEAR(B2)-1)」です。
excel-pivot-nendo-02

上記の式は、「日付の月が4より大きければ日付の年を表示、
4より小さければ日付の年から1を引いた数値を表示」という意味です。

4.元データに年度を表示することができたので、
ピボットテーブルを作ってみます。
行エリアに〔年度〕と〔日付〕を、
列エリアに〔商品名〕を、
値エリアに〔金額〕をドラッグします。
excel-pivot-nendo-03

5.4の結果、下のピボットテーブルができました。
excel-pivot-nendo-04

6.5のピボットテーブルだと日付が表示されるので、月でグループ化します。
その結果が下のピボットテーブルです。
グループ化の方法は『ピボットテーブルの集計項目を
階層別に分類表示:グループ化編
』をご覧ください。
excel-pivot-nendo-05

7.6のピボットテーブルだと、1月から昇順に並ぶので、
ピボットテーブルの項目の並べ替え』で説明した「任意の並び替え登録」で、
4月から3月に並ぶように変更しました。
excel-pivot-nendo-06

これで完成です!
ちょっと手間を要しますが、確実な方法です。
よろしければ、ご活用ください♪

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!