STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

ピボットテーブルで空白セルにゼロを表示する方法

time 2015/01/01

ピボットテーブルで空白セルにゼロを表示する方法
※ エクセル2013で説明しています。

2015年、明けましておめでとうございます。

私事ではありますが雪国に住んでおりまして、
10年に1度の豪雪で除雪作業に日々追われ、更新が滞っている次第です。

しばらく亀のペースでの更新になってしまうかもしれませんが、
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、久しぶりの更新で取り上げる内容はピボットテーブルでのゼロ表示についてです。

ピボットテーブルで集計データがない場合は、
通常(初期設定では)、空白セルで表示されます。
excel-pivot-0hyoji-01

場合によっては下の画像のように、
空白セルではなくてゼロ表示したいときがありますよね。
excel-pivot-0hyoji-02

こんなときはオプションで設定変更すれば、
すぐにゼロを表示することができます。

まず、ピボットテーブルの任意のセルを選択し、
リボンの〔ピボットテーブルツール〕の〔分析〕タグにある、
〔オプション〕ボタンをクリックしてください。
excel-pivot-0hyoji-03

〔ピボットテーブルオプション〕ダイアログボックスの
〔レイアウトと書式〕タグにある、〔空白セルに表示する値〕に「0」を入力して、
〔OK〕ボタンをクリックします。
excel-pivot-0hyoji-04

これでゼロ表示が完成です。
excel-pivot-0hyoji-02

設定箇所さえ分かれば難しくないのですが、
いかんせん場所が分かりづらくて、
「どこだ~?」とウロウロしてしまう設定かなと思います。

お役に立ちましたか?ご活用ください♪

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!