STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

入社年度をIF、YEAR、MONTH関数で表示する

time 2014/07/05

入社年度をIF、YEAR、MONTH関数で表示する
※ エクセル2013で説明しています。

excel-nendo-image

年度は仕事で頻繁に使用しますね。
入社年月日から入社年度を計算する式は以下のとおりです。

=YEAR(入社年月日)-IF(MONTH(入社年月日)<4, 1)

以下、下の表を例に使ってこの式の説明をしていきます。
入社年月日の表

1.日付から年を表示する関数は、YEAR関数です。
式は「=YEAR(A2)」です。
YEAR関数の入力

2.YEAR関数だけだと、1月から3月入社者の入社年度がずれます。
1~3月入社者の入社年度がずれた様子

3.年度と西暦の関係を図にしました。
1月から3月の場合、入社年から1を引き算すれば年度になることが分かります。
つまり、「もし、月が1月から3月なら年から1を引き算し、
それ以外なら引き算しない
」ということです。
西暦と年度の関係

4.上記3の考えをIF関数とMONTH関数を使って、YEAR関数に追加します。
「=YEAR(A2)-IF(MONTH(A2)<4,1)」となります。
年度の計算式

5.1月から3月入社者も正しい入社年度になりました!
年度の計算結果

関数を組み合わせて使うと、計算の幅が広がります。
試してみてください。

追 記
よく考えてみたら、式は以下の方が良いかもです。
=IF(MONTH(A2)<4,YEAR(A2)-1,YEAR(A2))

「入社月が4未満なら入社年から1を引き算した値を返し、そうでなければ入社年を返す」という意味です。
先に紹介した式でも正しい値になりますが、式は出来るだけ短く簡素化するのが望ましいです!

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!