STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

エクセルで負の値をゼロで表示するには

time 2015/04/09

エクセルで負の値をゼロで表示するには
※ エクセル2013で説明しています。

エクセルで目標値に対して残り○○という数値を
「目標値-実績値」で管理していると、
実績値が目標値に達した時、マイナスの数値になります。
ちょっと見た目が悪いですよね。
excel-negative-zero-01

これを負の値でなくゼロで表示するには、MAX関数を使います。

式は「=MAX(計算式,0)」です。
下の画像の例だと「=MAX(A3-B3,0)」です。
excel-negative-zero-02

MAX関数は引数の中の最大値を返す関数なので、
引数である「A3-B3」と「0」を比較し、
大きいほうの数値を返します。
従って、「A3-B3」がプラスなら「A3-B3」が返るし、
マイナスならば「0」が返るというわけです。

このMAX関数を使った式はIF関数で書き換え可能です。
=IF(A3-B3<0,0,A3-B3)」です。
ちょっと長くなりますね。

しかし、IF関数だと負の値を文字に置き換えることができます。
たとえば「=IF(A3-B3<0,"達成"A3-B3)」とすれば、
マイナスの数値の代わりに「達成」が表示されます。
excel-negative-zero-03

お役に立ちましたか?ご活用ください♪

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!