STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

LEFT関数では日付から年を取り出すことはできません

time 2014/07/30

LEFT関数では日付から年を取り出すことはできません
※ エクセル2013で説明しています。

生年月日や入社年月日などに日付から、年、月、日、あるいは年月、月日だけを取り出したいことがあると思います。

こんな時に使うエクセルの関数は、YEAR、MONTH、DAY関数です。
LEFT関数ではないんですよ!
式は「=YEAR(日付)」、「=MONTH(日付)」、「=DAY(日付)」です。
excel-hiduke01

年月、月日で取り出したい場合は、&もしくはCONCATENATE関数を使います。
&を使用した式:=YEAR関数&"年"&MONTH関数&"月"
CONCATENATE関数の式:=CONCATENATE(MONTH関数,"月",DAY関数,"日")
excel-hiduke02

簡単ですね。
答えを知ってしまえば、「なーんだ!」と思われるかもしれませんが、
ありがちな間違いがLEFT関数の使用です。

LEFT関数で日付(例:2000年1月1日)から年を取り出そうとして、
文字の左から4文字を指定しても、
その日付のシリアル値(2000年1月1日なら36526)から
取り出すことになるので、返ってくる値は3652になります。
excel-hiduke03

表示形式が日付だとつい間違えてしまいますが、日付の本当の正体はシリアル値という数値であることをお忘れなく!ご注意くださいませ。

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!