STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

【エクセル関数】余分な空白(スペース)を削除するTRIM

time 2014/07/04

【エクセル関数】余分な空白(スペース)を削除するTRIM
※ エクセル2013で説明しています。

TRIM(文字列)

  • 第1引数:文字列または文字列が入力されたセル範囲(省略不可)

文字列に含まれた不要な空白(スペース)を削除します。
削除する空白(スペース)は、文字列の最初と最後の空白(スペース)です。
単語の間の空白(スペース)は1個分を残し、削除します。

使い方

下の画像にある「学年組」の余分なスペースを、TRIM関数を使って削除します。
スペースは学年組の前後に1個、年と組の間に2個あります。
参考のため、A列の文字数をB列に表示しています。
余分な空白がある文字列

TRIM関数の第1引数は、余分なスペースが入っている文字列なので、
A列のセルを指定します。
入力した式は以下のようになります。LEN関数は参考です。
入力したTRIM関数

TRIM関数の結果です。
スペースが3個削除されたことが分かります。
TRIM関数を使った結果

文字数をカウントするLEN関数に関する記事
文字数をカウントするLEN関数

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!