STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

【エクセル関数】抽出結果の値で指定の計算(合計・平均等)をするSUBTOTAL

time 2014/07/29

【エクセル関数】抽出結果の値で指定の計算(合計・平均等)をするSUBTOTAL
※ エクセル2013で説明しています。

SUBTOTAL(集計方法,範囲1)

  • 第1引数:集計方法(必須)。リストの集計する関数を番号で指定。
  • 第2引数:範囲1(必須)。集計するセル範囲等を指定。
集計方法
(非表示の値を含む)
集計方法
(非表示の値を無視)
関数 
1 101  AVERAGE(平均)
102  COUNT(個数) 
103  COUNTA(個数) 
104  MAX(最大値) 
105  MIN(最小値) 
106  PRODUCT(乗算) 
107  STDEV(標準偏差) 
108  STDEVP(標準偏差) 
109  SUM(合計) 
10  110  VAR(分散)
11  111  VARP(分散)

フィルターの抽出結果の値を指定した計算方法で算出します。
列方向に計算を行います(行方向ではありません)。

使い方

SUBTOTAL関数はフィルターと一緒に使う関数です。
フィルターで抽出した値を指定した計算方法(平均、合計、個数など)に従って計算します。

使用例を見てみましょう。
下の表は身長の一覧表です。
excl-subtotal01

SUBTOTAL関数を使って、男子の平均身長を計算します。
式は「=SUBTOTAL(1,身長のセル範囲[D2:D51])」です。
第1引数の「1」は平均を意味します(上記、集計方法の表を参照ください)
excl-subtotal02

フィルターで抽出していない状態では、
全員の身長の平均が計算されています。
excl-subtotal03

フィルターで「男」のみを抽出すると、
SUBTOTAL関数の結果は男子の平均身長になります。
excl-subtotal04

平均以外の計算もできます。
男性の人数を知りたければ、集計方法を2または3にします。
式にすると、「=SUBTOTAL(2,身長のセル範囲[D2:D51])」です。
excl-subtotal05

結果は24なので、24名と分かります。
excl-subtotal06

以上がSUBTOTAL関数の使い方です。
抽出結果の値のみで様々な計算をしたいときはSUBTOTAL関数をお使いください。

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!