STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

【エクセル関数】行番号を調べるROW

time 2014/06/30

【エクセル関数】行番号を調べるROW
※ エクセル2013で説明しています。
ROW(範囲)

  • 第1引数:範囲(省略可)

指定した範囲の行番号を返してくれます。

範囲を省略すると、ROW関数が入力されているセルの行番号が返ります。

範囲に連続しない、複数のセルまたは
複数のセル範囲を指定することはできません。

使い方

ROW関数は指定したセル番地の行番号を調べる関数です。
具体例を見てみましょう。下の画像をご覧ください。
引数を省略したROW関数「=ROW()」と引数を指定したROW関数[=ROW(I30)」を入力した結果です。
ROW関数を入力した結果

引数を省略したROW関数「=ROW()」は、
その式が入力されているセル(B2セル)の行番号である「2」が表示されます。

引数をI30セルに指定したROW関数「=ROW(I30)」は、
I30セルの行番号である「30」が表示されます。

なお、ROW関数を配列数式として入力することもできます。
配列数式で入力すると、以下のように行番号が配列に基づいた順序で表示されます。
ROW関数を配列数式として入力した結果

ROW関数はシンプルな関数です。
そのため、単独で使うより、他の関数と組み合わせて使うことが多いです。
この関数が便利だなと思うようになったら、エクセル中級以上の実力ありです!

補 足
配列数式として入力する方法
1.B1セルに「=ROW(D1:D8)」を入力します。
B1セルに「=ROW(D1:D8)」を入力
2.B1セルを先頭にして、配列数式を入力したい範囲を選択します。
範囲指定
3.F2キーを押し、さらにSHIFTCTRLENTERキーを押します。
F2キーを押した後の状態
4.指定した範囲にROW関数が配列数式として入力されました。
配列数式に変化した状態

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!