STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

【エクセル関数】四捨五入をする関数(ROUND、FIXED、DOLLAR、YEN)

time 2014/07/04

【エクセル関数】四捨五入をする関数(ROUND、FIXED、DOLLAR、YEN)
※ エクセル2013で説明しています。

ROUND(数値,桁数)

  • 第1引数:数値(必須)。四捨五入する数値を指定。
  • 第2引数:桁数(必須))。表示したい桁数を指定。

数値を四捨五入して、指定した桁数にします。

FIXED(数値,桁数,桁区切り)

  • 第1引数:数値(必須)。四捨五入する数値を指定。
  • 第2引数:桁数(省略可)。表示したい桁数を指定。省略の場合、小数第2位まで表示。
  • 第3桁数:桁区切り(省略可)。1の場合、桁区切りなし。0または省略の場合、桁区切りあり。

数値を四捨五入して、文字列に変換します。
第3引数の1はTURE、0はFALSEでも可です。

DOLLAR(数値,桁数)

  • 第1引数:数値(必須)。四捨五入する数値を指定。
  • 第2引数:桁数(省略可)。表示したい桁数を指定。省略の場合、小数第2位まで表示。

数値を四捨五入して、通貨書式のドルに文字列変換します。

YEN(数値,桁数)

  • 第1引数:数値(必須)。四捨五入する数値を指定。
  • 第2引数:桁数(省略可)。表示したい桁数を指定。省略の場合、小数第2位まで表示。

数値を四捨五入して、通貨書式の円に文字列変換します。

使い方
◆各関数の違い

エクセルで四捨五入をしてくれる関数は4つあります。
しかし、大きな違いがあります。
それは表示形式が、数値か文字列かという点です。

関数 表示形式
ROUND関数 数値
FIXED関数 文字列
DOLLAR関数
YEN関数

数値なのは、ROUND関数だけです。
計算式にはROUND関数を使ってください!

一方、文字列になるFIXED関数、DOLLER関数、YEN関数は、
文字列と合わせて使う時に便利
です。

たとえば、下の画像をご覧ください。
A2セルの文章は、YEN関数とCONCATENATE関数を使って表示しています。
YEN関数とCONCATENATE関数を使った文章

入力した式は「=CONCATENATE("請求金額は",YEN(D10),"です。")」です。
こうすると文字列の中に円マークついた数字を入力することができます。
YEN関数とCONCATENATE関数の式

◆関数の作り方

考え方は同じなので、一番よく使用するROUND関数を使って説明します。

A1セルの数値を小数点第1位まで表示するとします。
四捨五入前の数値

ROUND関数の第1引数"数値"は「A1」になります。
第2引数の"桁数"は「1」です。
従って、入力する式は「=ROUND(A1,1)」です。
ROUND関数の式

式を確定すると、四捨五入した数値が返ります。
ROUND関数の結果

◆桁数の考え方

各関数の第2引数で、表示したい桁数を設定できます。

小数点を表示する場合、考え方は簡単です。
小数点第1位までを表示する場合は、
」を入力します(四捨五入は小数点第2位で実行)。
小数点第2位までを表示する場合は、
」を入力です(四捨五入は小数点第3位で実行)。

一方、整数の位を四捨五入する場合は、少しややこしいです。
1の位までを表示したい場合は、
0」を入力します(四捨五入は小数点第1位で実行)。
10の位までを表示したい場合は、
-1」を入力します(四捨五入は1の位で実行)。

桁数とその結果を表にまとめると以下のようになります。
合わせて、各関数の表示の違いもご確認ください。
桁数を変えて表示した各関数

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!