STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

【エクセル関数】ランダムな数値(乱数)を作成するRANDとRANDBETWEEN

time 2014/07/14

【エクセル関数】ランダムな数値(乱数)を作成するRANDとRANDBETWEEN
※ エクセル2013で説明しています。

RAND()

0以上1未満の乱数を作成する。
引数はありません。

RANDBETWEEN(最小値,最大値)

  • 第1引数:最小値(必須)。発生させる乱数の最小値を指定。
  • 第2引数:最大値(必須)。発生させる乱数の最小値を指定。

指定した範囲内で整数の乱数を作成する。

使い方

RAND関数は小数の乱数を、
RANDBETWEEN関数は整数の乱数を作成します。

◆RAND関数

RAND関数は引数がないので、「=RAND()」と入力します。
ワークシートが再計算されるたびに、乱数が作成されます。
RAND関数の使用例1

RAND関数で範囲内の乱数を作成したい場合は、以下の式を作成します。

RAND()*(b-a)+a
a:最小値 b:最大値

最大値0.7、最小値0.5で作成すると、以下の様になります。
RAND関数の使用例2

◆RANDBETWEEN関数

RANDBETWEEN関数は、
引数に乱数の最小値と最大値を整数で指定してください。

たとえば、300と500の間で乱数を作成したければ、
=RANDBETWEEN(300,500)」になります。
RANDBETWEEN関数の使用例1

数値の代わりにセル番地を指定しても大丈夫です。
RANDBETWEEN関数の使用例2

なお、「RANDBETWEEN関数+RAND関数」で小数つきの整数をランダムに作成することが可能です。
RAND関数とRANDBETWEEN関数

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!