STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

【エクセル関数】割り算の答えの整数部分を計算するQUOTIENT

time 2014/07/15

【エクセル関数】割り算の答えの整数部分を計算するQUOTIENT
※ エクセル2013で説明しています。

QUOTIENT(数値,除数)

  • 第1引数:数値(必須)。割り算の分子の数値を指定。
  • 第2引数:除数(必須)。割り算の分母の数値を指定。

割り算の商の整数部分を計算します。

使い方

QUOTIENT関数は、割り算をしたときに
答えとなる商の整数部分のみを計算します。

たとえば、「5÷2」の商の整数部分を計算したければ、
=QUOTIENT(5,2)」になります。

下の表は引数にセル番地を使った
QUOTIENT関数の使用例です。
quotient関数の使用例1

MOD関数と合わせて使えば、
「○余り○」
という形で商を求められます。
quotient関数の使用例2

なお、上記の表でグレーの部分をご覧ください。
小数の割り算では、MOD関数の余りが正しくないです。
この点を注意してください。

補 足

QUOTIENT関数はINT関数に書き換えられます
例えば「10÷5」を各関数に
置き換えると以下の様になります。

=QUOTIENT(10,5)
=INT(10/5)

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!