STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

【エクセル関数】ローンの返済期間を調べるNPER

time 2014/07/24

【エクセル関数】ローンの返済期間を調べるNPER
※ エクセル2013で説明しています。

NPER(利率,定期支払額,現在価値,将来価値,支払期日)

  • 第1引数:利率(必須)。期間内の一定の利率を指定。(例)月払いなら月ごとの利率。
  • 第2引数:定期支払額(必須)。毎回の支払額を指定。
  • 第3引数:現在価値(必須)。将来に行われる支払いを現時点で一括払いした場合の額を指定。
  • 第4引数:将来価値(省略可)。最後の支払い後に残る現金の収支額を指定。省略の場合、0とみなされます(借入金の将来価値はゼロです)。
  • 第5引数:支払期日(省略可)。省略または0の場合、各期の期末。1の場合、各期の期首になります。

投資に必要な期間を調べます(定期的に定額払いで利率が一定と仮定した場合)。

使い方

NPER関数は、借り入れ(投資)を行った場合の必要な返済期間を調べてくれます。早速、使ってみましょう。

たとえば、100万円を年利10%で借り、毎月2万円を返済する場合、
支払期間(回数)を求める式は
=ROUNDUP(NPER(年利/12,毎月の返済額(負の値で),借入額),0)」になります。

注意点は
(1)月払いなので年利を12で割って月ごとの利率にする
(2)毎月の返済額は負の値で入力する
(3)NPER関数が小数点を持つ数値になる場合があるので、ROUNDUP関数で切り上げる、です。
excel-nper01

結果65となり、65回の返済回数が必要なことが分かります。
これを年月で表示するにはQUOTIENT関数とMOD関数を使います。
式は=「=QUOTIENT(B4,12)&"年"&MOD(B4,12)&"か月"」です。
excel-nper02

結果、5年5か月の支払期間になりました。
excel-nper03

以上がNPER関数の使い方です。
ローンの支払期間が知りたい時はご活用ください。

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!