STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

【エクセル関数】検索する文字列が文中の何番目にあるか調べるFIND

time 2014/07/14

【エクセル関数】検索する文字列が文中の何番目にあるか調べるFIND
※ エクセル2013で説明しています。

FIND(検索文字列,対象,開始位置)

  • 第1引数:検索文字列(必須)。検索する文字を指定。
  • 第2引数:対象(必須)。検索する文字が含まれる文を指定。
  • 第3引数:開始位置(省略可)。省略もしくは1であれば、第2引数の文字列の最初から調べる。2であれば、2番目の文字から調べる。

指定した文字列が文中の何番目に位置するからを調べます。
大文字と小文字を区別します。
ワイルドカードを使えません。

使い方

FIND関数は検索する文字列が指定した文中の
何番目にあるかを調べます。

たとえば、「あいうえお」のなかで「お」が
何番目にあるかを調べたければ、
=FIND("お","あいうえお")」になります。

1文字でなくて2文字以上を検索することも可能です。
下の表の3行目と4行目をご覧ください。
FIND関数の使用例

3行目は「京都に行きたいな」の中から
「行き」が出てくる順番を調べています。
FIND関数の結果を見ると4です。実際と合ってますね。

一方、4行目は「ABCDEFG」の中から
「AC」が出てくる順番を調べています。
しかし、「ABCDEFG」のなかに「AC」は存在しないので、
「検索文字列がおかしいですよ」という意味の
エラー値「#VALUE」が返ります。

補 足

FIND関数と似た関数にFINDB関数があります。
FIND関数とFINDB関数の違いは文字の数え方です。

FIND関数は半角文字も全角文字も1で数えますが、
FINDB関数は全角文字を2で数えます。

FIND関数と比較すると、全角文字の場合
FINDB関数の文字数のカウントが
多いことが分かります。
FIND関数とFINDB関数の比較

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!