STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

【エクセル関数】平均値を計算するAVERAGE

time 2014/07/03

【エクセル関数】平均値を計算するAVERAGE
※ エクセル2013で説明しています。
AVERAGE(数値1,数値2,・・・) または
AVERAGE(セル範囲)

  • 第1引数:数値またはセル範囲

指定した範囲の平均値を返します。

第255引数まで可能です。

引数のなかに、計算できない文字列等が入ると無視されます。

引数に文字列の数値を指定すると、エラーになります。

使い方

下の画像をご覧ください。あるクラスの身長の一覧表です。
クラスの平均身長を計算します。
クラスの身長表

身長が入力されている範囲はE2セルからE51セルまでです。
これがAVERAGE関数の第1引数になります。
結果、入力する式は「=AVERAGE(E2:E51)」となります。
AVERAGE関数の入力

ENTERキーを押すと、平均値が表示されます。
AVERAGE関数の入力結果

補 足

AVERAGE関数は四則演算や
SUM関数&COUNT関数の組み合わせに置換可能です。

四則演算の場合(分母はオートカルクを使い自分でカウント)
=(E2+E3+E4+E5・・・+E51)/50

SUM関数とCOUNT関数の組み合わせの場合
=SUM(E2:E51)/COUNT(E2:E51)

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!