STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

数字の表示形式を設定する

time 2014/06/05

数字の表示形式を設定する
※ エクセル2013で説明しています。

数字の表示形式の設定は、以下の2つの場所でできます。

1.リボンの〔ホーム〕タグの〔数値〕カテゴリ
リボンの〔ホーム〕タグの〔数値〕カテゴリ

2.〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグ
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグ

1.には、頻繁に使用する表示形式が揃っています。
2.には、エクセルで設定できる表示形式がすべて揃っています。
それぞれの使い方を見てみましょう。

sponsored link

リボンの〔ホーム〕タグの〔数値〕カテゴリを使って、数字の表示形式を設定する

〔数値〕カテゴリの〔表示形式〕ドロップダウンリスト

〔数値〕カテゴリの〔表示形式〕ドロップダウンリストでは、
以下の表示形式の設定ができます。
〔数値〕カテゴリの〔表示形式〕ドロップダウンリスト

表示形式の違いを見るために、
すべてのセルに「=123.5/5」を入力し、各表示形式を設定しました。
各々の違いが何となく分かると思います。
〔数値〕カテゴリの〔表示形式〕ドロップダウンリストで設定した見本

補足する点は、以下の通りです。

  1. 〔数値〕、〔通貨〕、〔会計〕でも、小数点の表示が可能です。〔小数点以下の表示桁数を増やす〕ボタンを使います。
  2. 〔通貨〕では通貨記号と小数点の位置が揃わず、〔会計〕では揃います。
  3. 今回は比較のために「=123.5/5」を日付や時刻の表示形式で設定しました。しかし、通常、日付や時刻は「2014/1/1」と文字通りに入力します。
  4. 分数は1桁の分母で設定されています。該当する1桁の分母がなければ、四捨五入された整数表示になります。(たとえば、10.99は「10 99/100」ですが、分母が3桁なので分母1桁に該当せず、「11」と表示されます。)

〔通貨表示形式〕ボタン

数字に通貨表示をつけたい時に使用します。
〔通貨表示形式〕ボタン
〔通貨表示形式〕ボタンで設定した見本

〔パーセントスタイル〕ボタン

パーセント表示したい時に使います。
〔表示形式〕ドロップダウンリストの〔パーセンテージ〕と同じです。
〔パーセントスタイル〕ボタン

〔桁区切りスタイル〕ボタン

数値を3桁で区切って表示します。
〔桁区切りスタイル〕ボタン
〔桁区切りスタイル〕ボタンを使った見本

〔小数点以下の表示桁数を増やす〕〔小数点以下の表示桁数を減らす〕ボタン

小数点以下の表示桁数を調整するときに使います。
〔小数点以下の表示桁数を増やす〕〔小数点以下の表示桁数を減らす〕ボタン
〔小数点以下の表示桁数を増やす〕〔小数点以下の表示桁数を減らす〕ボタンを使った見本

〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグを使った表示形式の設定

〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグでは、
表示形式の細かい設定ができます。
リボンの〔ホーム〕タグの〔表示形式〕ボタンをクリックすると、
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグが開きます。
リボンの〔ホーム〕タグの〔表示形式〕ボタン

標準

一般的な書式で、特定の書式に属しません。
〔標準〕の表示形式がデフォルトです。
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグの〔標準〕

数値

数値の表示形式で、
(1)小数点以下の桁数、(2)桁区切りの使用の有無、(3)負の数の場合の表示形式が設定できます。
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグの〔数値〕

通貨

通貨の表示形式で、
(1)小数点以下の桁数、(2)通貨記号、(3)負の数の場合の表示形式が設定できます。
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグの〔通貨〕

会計

通貨記号と小数点の位置が揃った表示形式で、
(1)小数点以下の桁数、(2)通貨記号が設定できます。
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグの〔会計〕

日付

日付の表示形式で、
(1)日付の表示形式の種類、(2)地域(地域に合わせて(1)や(3)の内容が変わります)、(3)(日本語の場合)西暦と和暦 の設定ができます。
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグの〔日付〕

時刻

時刻の表示形式で、
(1)時刻の表示形式の種類、(2)地域(地域に合わせて(1)の内容が変わります)が設定できます。
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグの〔時刻〕

パーセンテージ

パーセント記号がついた表示形式です。
小数点以下の桁数が設定できます。
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグの〔パーセンテージ〕

分数

分数の表示形式が設定できます。
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグの〔分数〕

〔1桁増加〕、〔2桁増加〕、〔3桁増加〕の意味が分かりにくいと思うので、
例をつけておきます。
「1.755」をそれぞれの表示形式で設定すると、以下のようになります。
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグの〔分数〕で設定した見本

指数

指数の表示形式です。
指数は累乗を使って数値を表しています。
たとえば、「100」を指数で表示すると「1.E+02」になります。
これは「1に10の2乗を掛ける」ことを意味します。
「200」であれば、「2.E+02」になります。
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグの〔指数〕

文字列

数値を文字列として設定します。
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグの〔文字列〕

その他

郵便番号、漢数字、全角数字などを設定できます。
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグの〔その他〕

ユーザー定義

自分で表示形式を作成することができます。
詳しくは『月日を2桁表示したいときは、表示形式のユーザー定義を使おう』をご覧ください。
〔セルの書式設定〕ダイアログボックスの〔表示形式〕タグの〔ユーザー定義〕

補 足
表示形式は見た目を変更するだけです。
エクセルが保持している数値は変更しません。
例えば、「1.23456」を入力して、
表示形式で小数点第2位までの表示にしても、
エクセルがそのセルに保持している数値は「1.23456」のままです。
表示形式の数値とエクセルの数値

従って、そのセルに1を足した場合、計算結果は「2.23456」です。
計算式

1.23が実は1.23456だと知らない人には、
計算式が間違っているように見えます。
この点を十分注意して、表示形式を設定してください。

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!