STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

ワークブックから個人情報等を削除するには

time 2014/09/23

ワークブックから個人情報等を削除するには
※ エクセル2013で説明しています。

エクセルを作成すると、自動でプロパティなどに作成者の情報が登録されます。情報が登録されたエクセルのファイルが、知り合い同士のなかで使われているなら問題なのですが、外部に出てしまった時に問題が発生します。

「えー、そんなことってあるの?」と思われるかもしれませんが、あるんですよ。

ある取引先から受け取ったエクセルのファイルをコピー・加工して、別の取引先に渡すことってありませんか?データが一般的なもので著作権等に抵触しなければ、そのこと自体は特に問題ではありません。でも、そのエクセルのファイルに取引先の情報が登録されていると、別の取引先にその情報が漏れてしまうのです!

知らずに使い回しをしている方、気をつけてくださいね。
次からは、以下にご紹介する方法で、不要な個人情報を削除するようにしましょう。

1.〔ファイル〕タグ ⇒ 〔情報〕 ⇒ 〔問題のチェック〕 ⇒ 〔ドキュメント検査〕をクリックします。
バックステージビューのドキュメント検査

2.〔ドキュメント検査〕ダイアログボックスが開くので、検査したい項目にチェックを入れて〔検査〕ボタンをクリックします。
〔ドキュメント検査〕ダイアログボックス

3.検査結果が表示されます。
ドキュメント検査の結果

4.〔すべて削除〕ボタンをクリックします。
個人情報の削除

5.削除されたのを確認して、〔閉じる〕ボタンをクリックします。
ドキュメント検査の終了

以上で終了です。ちょっとしたひと手間が後々の大きな問題を未然に防ぎます!面倒くさらがらずに行いましょうね。

お役に立ちましたか?ご活用ください♪

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!