STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

グラフの構成要素を編集する

time 2014/06/22

グラフの構成要素を編集する
※ エクセル2013で説明しています。

sponsored link

グラフを構成する要素とは

グラフを構成する各要素の名称です。
この要素名を使って説明しますので、
どの要素を説明しているのか分からなくなったら、
ここで確認してください。
グラフを構成する要素名

グラフタイトルを表示する

1.グラフを選択します。
グラフを選択する

2.リボンのグラフツール〔デザイン〕タブの〔グラフ要素を追加〕ボタンをクリックし、〔グラフタイトル〕の〔グラフの上〕を選択します。
〔グラフ要素を追加〕ボタンの〔グラフタイトル〕の〔グラフの上〕

3.グラフ表示された「グラフタイトル」を2回クリックして、テキストを編集する状態にし、タイトルを入力てください。
グラフタイトルを編集

4.グラフの外をクリックすると、タイトルが確定します。
グラフタイトルの確定

軸を編集する

補助線を表示する

数値軸の補助線を追加します。

1.グラフを選択します。
グラフを選択する

2.リボンのグラフツール〔デザイン〕タブの〔グラフ要素を追加〕ボタンをクリックし、〔目盛線〕の〔第1補助横軸〕を選択します。
〔グラフ要素を追加〕ボタンの〔目盛線〕の〔第1補助横軸〕

3.数値軸に補助線が表示されました。
補助線の表示

目盛の間隔を変更する

目盛を5度毎から10度毎に、補助目盛を1度毎から5度毎に変更します。

1.グラフを選択します。
グラフの選択

2.数値軸ラベルを選択し、右クリックで〔軸の書式設定〕を選択します。
右クリックで〔軸の書式設定〕を選択

3.画面の右に〔軸の書式設定〕が表示されます。
〔軸の書式設定〕の表示

4.〔軸のオプション〕の〔目盛間隔〕で、
〔目盛〕を10、〔補助目盛〕を5に変更します。
目盛間隔の数値を変更

5.目盛の間隔が変更しました。
グラフの目盛間隔の変更完了

凡例を表示する

凡例を項目軸ラベルの下に表示します。

1.グラフを選択します。
グラフの選択

2.リボンのグラフツール〔デザイン〕タブの〔グラフ要素を追加〕ボタンをクリックし、〔凡例〕の〔下〕を選択します。
〔グラフ要素を追加〕ボタンの〔凡例〕の〔下〕

3.凡例が表示されました。
凡例の表示

データの値を表示する

東京のデータラベルのみ表示します。

1.グラフで東京のデータ系列のみ選択します。
グラフの東京のデータ系列を選択

2.リボンのグラフツール〔デザイン〕タブの〔グラフ要素を追加〕ボタンをクリックし、〔データラベル〕の〔中央〕を選択します。
〔グラフ要素を追加〕ボタンの〔データラベル〕の〔中央〕

3.東京のデータのみがラベル表示されました。
東京のデータラベル表示

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!