STUDY387

エクセルで仕事をもっと簡単にしよう

オートコレクトを使いこなそう

time 2014/06/02

オートコレクトを使いこなそう
※ エクセル2013で説明しています。

オートコレクトは、英文の先頭文字を大文字に自動で校正してくれるなど、入力した文字列を自動で修正してくれる機能です。
いくつかその機能を見てみましょう。

sponsored link

オートコレクトで出来ることの例

記号をオートコレクトを使って入力する

1.コピーライトを意味する(c)を入力します。
(c)を入力

2.ENTERキーで入力を確定すると(c)が©になります。
©に変換

URLにハイパーリンクを設定する

1.yahooのURLを入力します。
yahooのURLを入力

2.ENTERキーで入力を確定すると、ハイパーリンクが自動で設定されます。
yahooのURLのハイパーリンクが自動で設定

補 足
メールアドレスを入力しても、自動でハイパーリンクが設定されます。

オートコレクトを解除する

文字列を記号に自動修正されないようにする

1.〔ファイル〕タグの〔オプション〕をクリックする。
〔ファイル〕タグの〔オプション〕

2.〔文章校正〕の〔オートコレクトのオプション〕ボタンをクリックする。
〔文章校正〕の〔オートコレクトのオプション〕ボタン

3.〔入力中に自動修正する〕のチェックを外し、
〔OK〕ボタンをクリックする。
〔入力中に自動修正する〕のチェックを外す

4.〔OK〕ボタンをクリックする。
〔OK〕ボタンをクリック

補 足
一部の記号だけ自動修正されたくない場合は、
修正されたくない文字を選択して、〔削除〕ボタンをクリックすれば、
オートコレクトの対象から削除されます。
オートコレクトの対象外にする

ハイパーリンクの自動設定を解除する

1.〔ファイル〕タグの〔オプション〕をクリックする。
〔ファイル〕タグの〔オプション〕

2.〔文章校正〕の〔オートコレクトのオプション〕ボタンをクリックする。
〔文章校正〕の〔オートコレクトのオプション〕ボタン

3.〔入力オートフォーマット〕タグの〔インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する〕のチェックをはずし、〔OK〕ボタンをクリックします。
〔インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する〕のチェックをはずす

4.〔OK〕ボタンをクリックします。
〔OK〕ボタンをクリック

補 足
一部のハイパーリンクだけを解除したい時は、
右クリックメニューで〔ハイパーリンクの削除〕を選択します。
右クリックメニューで〔ハイパーリンクの削除〕

オートコレクトに文字列を登録する

オートコレクトに文字列を登録すると、頻繁に使用する特殊な文字がすぐに入力できるようになります。

1.〔ファイル〕タグの〔オプション〕をクリックする。
〔ファイル〕タグの〔オプション〕

2.〔文章校正〕の〔オートコレクトのオプション〕ボタンをクリックする。
〔文章校正〕の〔オートコレクトのオプション〕ボタン

3.〔オートコレクト〕タブの〔修正文字列〕に入力する文字列を、〔修正後の文字列〕に入力後に変換したい文字列を入力し、〔追加〕ボタンをクリックします。
オートコレクトに登録

4.〔OK〕ボタンをクリックします。
オートコレクトに登録完了でOKボタン

5.〔OK〕ボタンをクリックします。
〔OK〕ボタンをクリック

6.「めもめも」と入力しENTERキーを押すと、
「めもめも」を入力
先ほど登録した文字列に変換されます。
「めもめも」が変換

sponsored link



sponsored link

sponsored link

何はともあれOFFICEのことならマイクロソフト。意外とキャンペーンやっています。

コピー用紙あったかな?トナーもあったかな?事務用品はアクスルへGO!